光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
何回観ても素晴らしいEndlessSHOCK(*^_^*)
昨日の昼公演を観劇してきました

自分の申し込みぶんは1回しか当たらず

プレイガイド枠も電話が繋がらず
チケットが取れなかった私に救いの手を差し伸べてくださる光一さんファン友さんに
本当に心から感謝です
ありがとうございます

観劇はもちろんのこと
思いを共有するおしゃべりも本当にいつもながら
楽しゅうございました

譲っていただいた貴重なチケットは私が大好きな2階のA席です
もちろんどの席でも最高ですけどね

A席ってS席と比べると値段は4000円も安いのに全体が見渡せ

素晴らしいカンパニーの皆様の群舞
フォーメーションの素晴らしさ
照明の素晴らしさ

そしてなんといってもコウイチのフライング姿勢が目の当たりにみえて
それはそれは最高の席だと思います

今月の日経エンタに5種類のフライングについて光一さんの解説がありましたが

観客目線にたって・・・

ジャングルのフライングで緑のレーザー光線の静寂(しじま)の中
コウイチが美しいフライングで現れるさまは
本当にこの世のものとは思えませんし

2階に着地されたときの
美しいお姿は脳裏に焼き付いて離れませんね

ひとくちにフライングといっても
もちろんのこと
光一のフライング姿勢はすべて違いますね

背中を思いきりそらし水平飛行のように空を飛んでいるようにしかみえないフライング
リボンフライングのようにリボンを華麗にひらひらさせる目的をもった立ち姿のフライング
天女のようなラダーフライング

日経エンタの短いコメントでは語り尽くせられてない
さまざまな趣向を凝らされているのが素人の私にもよくわかります

フライングだけでも本当に素晴らしいですが

今年はバックの映像がさらに美しくなって・・・

映像や照明方法の進化というのは
舞台装置のコストのかけ場所にも変化が大きいなと改めて思います

かなり前は大掛かりな装置を必要としてましたが
映像技術が多様化して進化した今はプロジェクションマッピングや
高価なレーザー光線など多用され
キラッキラの舞台ですね

数年前とはまた違った
豪華絢爛の舞台ですね

光一さんや共演者の皆様の素晴らしいパフォーマンスを盛り上げる
基礎から証明をきっちりと学ばれた光一さんこだわりの素晴らしい演出効果の舞台です

天上にいるコウイチを演出するために階段をおりてこないで
しっとりと歌うCONTINUEのエンディングも大好きでしたが

白と金色に染められ
コウイチの素晴らしいソロとカンパニー全員の皆様の
前向きな素晴らしい歌声
見るたびにバージョンアップしているのが伝わってきます

さまざまなジャンルの曲を何年も舞台で数十曲ソロで歌い続けられているのです
観客を魅了させられなければ
14年全席即日完売とはなりませんね


音域が広く
さまざまジャンルの曲を歌いこなせる
光一さんの歌の素晴らしさに酔いしれてしまいますね

力強く圧巻・・・
本当に素晴らしいエンディングです


観劇するたびに
感激しすぎて・・・
語ることがありすぎて・・・

もちろんスタッフの皆様や
光一さん、共演者の皆様の力量あってこその舞台ですが

脚本、演出、音楽に深く関わっている光一さんがなんといっても
素晴らしいですね

心にしみる感激をありがとうございますと

光一さんや
SHOCKカンパニーの皆様に深く感謝します

いつも帰宅時には心がほっこりと
思い出してはにまにまと不審者です

オーナーの登場シーンの森公美子さんの歌声はいつもながら迫力があります

昨日昼公演ではそのときに全身を手でなぞり
絶賛リバウンド中 とおっしゃったのには会場の笑いを誘ってました

その後
リカを回すシーンのこと

私は座長とリカの手が離れリカがさっと起き上がれなかったということは
初めてみたのですが
そのあとはなんなく進められていきました・・・

Show must go onですね


そこは座長です

失敗をきちんと認め反省しつつも笑いに変えるアドリブは素晴らしいものがありますね

オーナーの
絶賛リバウンド中という言葉も裏でしっかりと聞いてらっしゃったのですね
さすがに周りがみえてます

屋上のシーンで
失敗してしまったことをおっしゃり
リカがリバウンド中ですかね?っておっしゃったのは
細いリカちゃんだけに会場の笑いを誘う目的だということは
誰しもがわかるところです

おおいに笑わせていただきましたし

リカはリバウンド中とか言いながら建物の下を通る4Uや
えー私リバウンドしたかな というリカ
リバウンドしてもリカが好きだよ と言うヤラ

一連のジョークは
周りがきちっと見えているからこそのカンパニーの皆様が
失敗をきちんと受け止めつつも
会場に笑いを届けようとする皆様のフォロー力の凄さと思いましたが

そこまで読み取れないかたもいたようで

リカがリバウンドなんて言う光一ってひどい・・・

というつぶやきもみられたのは残念ですね
悪意をもって見ているとしか思えないですね

もっとしっかりと皆様のフォローの素晴らしさを理解して
受け止めていただきたいものです


昨日夜公演は堂本兄弟御一行さまが観劇されたとか・・・

たかみなちゃんに観ていただきたかったので
嬉しいですね

嬉しい情報が伝わってくる中
きくちPの日記に

幕間に

来週収録『堂本兄弟』の
資料を渡してきました(笑)。


と書いてありますね

資料などマネに渡せばいいものを・・と思いますが
あえて光一さんが忙しい幕間に直接渡すことになんの意味があるのだろう
今までのことがあるだけに勘ぐってしまいますね

なにしろ
フライング中のコウイチに手を伸ばしたり
コウイチが暗闇で駆け抜ける通路に荷物を置き
暗闇の中なのにパンフレットをバサバサと音だしてまわりの席のかたに嫌な思いをさせる・・・
というきくちPですから

台本等ならいつものように渡せばいいだけで・・・

光一さんがその場で読むことを想定して
あえて幕間に渡す意味とは

幕間に光一さんを動揺させようとしているのかなと・・
疑ってしまいますね

となると・・・
来週火曜日の堂本兄弟の収録時
またしても光一さんにとって不利なリニューアルにしようとしているのか
そのことが明記してあったのかと思ってしまいます

もちろん勘ぐりすぎだとは思いますけどね
いままでのことがあるだけに
ありえないことではないですね

ご一行さまが帰るとき
拍手がなかったとか

昨年高見沢さんが観劇されたとき
私はいましたが
うろ覚えですが皆様の注目と拍手の中
帰られたという記憶があるので

きくちPのせいで
拍手しなかった・・・ということでしょうかね

さすがに
SHOCK観劇されるかたは
きくちPのひどさをお分かりなんですね

きくちPが日記にあえて書くぐらい
深夜ホテルで長いこと一緒するほど仲が良い堂本剛君のゆるゆるなドラマ撮影中は
2ヶ月も収録をお休みするのに

光一さんのSHOCK中はたった1日の休演日に
博多座から戻してでも収録をしますからね

公私混同も甚だしいきくちPのひどさなんて
周知の事実・・・ということでしょうか

願わくば
来週の堂本兄弟で

またもや露骨な光一さん嫌がらせのリニューアルとなりませんようにと
願うしかないですね

堂本兄弟に要望しても
きくちPが聞きたくない話は受け付けてもらえないので

フジテレビにも要望も送りたいものですね




>>続きを読む
スポンサーサイト