光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月に収録がないから4回分も収録をしたのですか
おとといの堂本兄弟の収録はいつもは3回のところ4回分の収録をしたのですね

それもいつものようにゲスト、観覧車、レギュラー、スタッフ全員待たせて
バックバンドの方のおかげで音楽となっている
堂本剛君のたった2コードしか使わない初心者レベルの演奏が延々とあったそうです

8月にわずか数公演ソロライブする堂本剛君のせいで8月の収録がないと思われます

1日に30分番組を4回分収録するのに・・・
出演者、ゲスト、観覧者、スタッフ全員を待たせて
そんな演奏を何故するのでしょう

3部の収録が終わったのが22時半くらいだそうですから
4部の観覧者のかたは最終電車に間に合ったのでしょうか

Pが変わっても
光一さんや光一さんファンにとって
改善されるなんてことは期待薄なんでしょうかね

8月に収録がないということで心配されるのは
当然のことながら

9月のSHOCK大阪公演
10月のSHOCK博多公演時における
堂本兄弟の収録ですね

今年の帝劇では
堂本兄弟の収録の後というと
必ずといっていいほど
光一さんは体調を崩されてました

3月の収録翌日には
なんとテーピングまでしていたのですから
収録日に怪我をしたのと思いました

光一さんもいつまでも若くはありません
超ハードな舞台なのですから
休演日はしっかりとお休みしていただきたいものです

昨日の
ピーコ&兵動のピーチケパーチケ でも
おっしゃっていたように

1公演4000キロカロリーも消耗するような
公演終了後すぐに水風呂にはいり
痛めた筋肉をほぐす必要のある光一さんです

アイシングしたり
酸素カプセルで体力回復をはかる必要がある超ハードな舞台を
1日2公演を隔日に講演しているのです

公演終了後すぐに水風呂にはいりアイシングをし
酸素カプセルで体力回復をはかる必要がある超ハードな舞台なのに

月曜日の昼公演が終わった18時ぐらいの飛行機で東京へ戻り
火曜日は朝早くから深夜まで収録
翌日の水曜日の午前中の飛行機で劇場に戻り
公演前のわずかしかない時間に体をアップさせるのは
本当に大変なことです

SHOCK1000回記念のとき
NHKの大越さんとの対談を
大越健介さんが「向き合う仕事」という本にも載せてくださいました


彼のインタビューをしてみないかと誘いが来た。
そのためには舞台を見なければならない。
そして、実際に見てたまげた。
これがエンターテイメント魂というものか。
観客に息つく間を与えないフライングや殺陣、歌にダンス。
体力の限りを尽くして3時間に及ぶ舞台を務め上げる。
主役である堂本さんはほぼ出ずっぱりと言ってよく、
実際、舞台が終わると、しばし一人では立っていられないほど体力を消耗するという。

まさに命がけである。


と絶賛してくださいました

器用なタイプではないんです。
舞台をやっている期間は、

自分の生活リズムを壊したくないんです。
この時間に食事をする、この時間にアップ(準備運動)をする、
この時間にシャワーを浴びるというリズムを、全部ルーティーン化させちゃうんですよ。

とおっしゃった光一さんに

しかし、彼はそうした逃げ場を作らないために、
つまりミスをした自分の内面にのみ向き合うために、
舞台期間中は、生活そのものから余計なものを削ぎ取ることにしているというのだ。

あっさりと言うが、それはすごいことだ。
そう気づくと、以後の彼のことばがまったくウソや誇張のない、
シンプルな本音として心に響いた。


”舞台期間中は、生活そのものから余計なものを削ぎ取ることにしているというのだ”
という言葉って
光一さんが各所でおっしゃっている言葉です

KinKiスタッフだって当然のことながら
何回も何回も聞いているでしょう

なのに・・・・・・・・・・・・
たった二人しかいないKinKiなのに
相当前から決まっていた光一さんの舞台のために
堂本兄弟の収録日を考慮するということはせず

相当後に決まった堂本剛君の8月にわずか数公演しかないソロライブのためなら
8月の収録を中止にしてしまうんですね

こういう光一さんソロ状況をみて
KinKiのファンでいられる人がいる・・・ということが
私には不思議でなりません

もちろん風邪声でも
歌はもちろんセリフも
ダンスなどもまったく支障もきたさなかった光一さんですが

光一さんが風邪という状態で無理をしているということは
確かなことです

だから治りが遅く
かなり長いこと風邪声だったと思います

風邪に効く薬はありません
咳など症状を緩和することはできますが
休養することが一番なのです

堂本剛君のゆるゆるスケジュールのわずか数公演の8月に収録がないのなら
光一さんもご自分のために
SHOCKを楽しみにしているSHOCKファンのために
しっかりと休演日に収録中止を申し入れていただきたいと思います

どMなんて言っている場合ではないですよ
パフォーマンス等でのどMは受け入れますが

悪意によるスケジュール管理には
しっかりと反論していただきたいものです

大越健介さんの光一さんのインタの最後を締めくくる言葉が
本当に素敵でした

大越さんが頭が良くて真面目で素敵なお人柄だからこそ
光一さんの真摯な姿勢に気が付き書いてくださったのですから

光一さんファンとして
うれしい限りですね

 インタビューは、その人がまとった世間体や建前といった衣をはがしていって、
素の人間の姿を浮き彫りにできれば成功だ。
そうして初めてその人の本当の声が伝わるようになる。

だから、手を替え品を替え、時には意地悪な質問で怒らせてまで
本音を引き出そうと努力する。

堂本さんは、何枚衣をはがしていっても、
どこまでもシンプルで禁欲的、率直でひたむきであった。

 「恐れ入りました」としか言いようがない。
インタビュアーとしては、心地よい敗北とでも言おうか。

そして、

時代に選ばれたスターとは、

インタビュアーが「恐れ入りました」と観念してしまうような

人だちなのかもしれない。









>>続きを読む
スポンサーサイト
光一さんの8年前の下弦の月のMVとるろうに剣心実写版映画のCMが酷似していますね
帝劇SHOCKが終わって早4か月・・・

9月に梅田芸術劇場でのSHOCKもありますが
梅田SHOCKに行かない私にとっては
(行きたくたってチケットが当たりませんよね

なにがしかの光一さんソロのお知らせがいただきたいばかりです

ソロならなんでもいいですよ

一番いただきたいお知らせは
光一さんファンなら皆様同じだと思いますが
ソロシングルでしょう

素晴らしい歌とダンスで表現する光一さんの素敵な歌を心から待ち望んでおります

ソロでの音楽番組のテレビ出演も喉から手が出そうなくらい待ち望んでおります

8月に入ったら
帝劇SHOCKのライバルの屋良君とは違うライバル役の内君と
ドラマ出演がある岸君のかわりにはいった西畑大吾君との
練習が始まるでしょう

光一さんにとっては新しい後輩君の指導で
(事務所の後輩君ではなく一般のダンサーさんを光一さんソロに希望しております
事務所の後輩君を予定していても直前に変えられてしまうことがありますからね

光一さんの負担が増えるだけです
いくら後輩君を育てるのが上手な光一さんとても・・です

光一さんのバックを務めるために結成されたKATTUN
関ジャニの村上君、横山君、渋谷君とかピカイチの頃から光一さんに仕込まれていましたし
MAだって4Uだって内君、大倉君、錦戸君はSHOCKに参加することによって
光一さんに基本をしっかりと教えてもらったのではないでしょうか

みなさん素敵に輝いてますね

光一さんが後輩君をいかに大事にしているかのあらわれですが
最近の雑誌を見ると光一さんの気持ちが通じない後輩君もいるようです
というか言わされているのかもしれませんが・・・
光一さんが怒らないからと何を言っても許されると思ったら大間違いです
ファンはしっかりとみてますよね
恩知らず・・・とは思いたくないですからね)

8月は練習に費やされ
9月梅田芸術劇場
10月は博多座

SHOCK以外のお知らせがないまま
あっという間に今年も終わってしまいそうです

ツィッタ等を見ても
たくさんのかたが光一さんソロを望んでいるのに

ソロコンすれば38万人集客し
14年間全席即日完売のSHOCKの単独主演を成し遂げている光一さんです

それだけ集客できる・・ということは
光一さんの歌とダンスが素晴らしいオーラを放ち
クオリティ高いステージと万人が認めるからこそ
万人がリピーターとなって参加しているのです

たくさんの方が新作を心から待ち望んでいるのは当然といえば当然ですね


そんな中で
心がざわつくCMがありました

光一さんファンの皆様も同じように思われているのではないでしょうか

気になってネットを見たら噂になってますね
光一さんファンでないかたも同じ意見をお持ちのようですね

るろうに剣心の映画版のCMです

2006年9月13日に発売されたアルバムmirrorに収録されている下弦の月のMVに
酷似しているのには驚きます


まるっきりのぱくぱく・・としか思えませんね
カメラアングルまで酷似しているのです
著作権侵害とはならないのでしょうか

橋の上で恋人との逢瀬のシーン
恋人と抱擁するシーン
顔に傷がつくシーン
仲間と会合するシーン
瀕死の状態 天上から赤い花弁が舞い落ちる演出

るろうに剣心に関しては10年も前から光一さんファンは
光一さん主演の実写版を各所に要望し続けてきました

署名運動もしました

光一さんのビジュアル
SHOCKで鍛えた光一さんの殺陣捌き
絶大なる人気とオーラと確かなる実績・・・加えて真摯なお人柄
作者だって光一さんにと考えておられたのではないでしょうか

2012年8月25日に公開されたるろうに剣心のとき
作者のかたがジャニーズが嫌いだから・・とか
噂が流れてました

主演の佐藤さんには申し訳ありませんが
私は作者のかたは光一さんにと要望を送られた・・と信じて疑いません

大人気のコミックの主演に
派閥に属さない光一さんを出演させたくなかった事務所は光一さんの代わりにほかの人を推したのでしょう

ジャッキーチェンさんが光一さんにと望んでいたのに
後輩君にいつのまにかとってかわっていた・・・ということもありますからね
ジャッキーさんも光一さんでなければとその後輩君との話もいつのまにかなくなってましたっけ

明らかに光一さんソロにきた・・と思われるCMが
他の人がしているのなんて山のようにみてますからね

光一さんをSHOCK以外の舞台に出させないと上層部の方が言ったとき
そのことが噂になりあわてて七人の侍に出演させてました
最初は30社のスポンサーが倍に増えてましたっけ

銀幕版スシ王子!のときも
映画の宣伝ということで
数社のCMがこのときとばかりにありました

KinKiであればスポンサーがつかなくて
スポットCMしかない堂本兄弟ですが

光一さんソロであれば
たくさんのスポンサーがつくのは確かなのです

なのに
光一さんソロのCMがないのです

14年全席即日完売
ソロコンすれば38万人集客し
海外のエージェントがそのソロコンを見てオファーし
海外でも6秒でチケットが完売し追加公演がでる光一さんなのです

その光一さんにソロCMのオファーがこないはずがありません
企業だって市場調査がもちろんしているでしょうから

光一さんにきた仕事を他の人に回すなんて
あの事務所にとっては日常茶飯事なのでしょう

主演が佐藤さんになったのは
あの事務所に作者の方が望むような人が光一さん以外にはいなかったのでしょうし
頑として光一さんを出させない事務所ともめたのではないでしょうか
だからあの作者のかたがあの事務所を嫌いになった・・・・

憶測にしかすぎませんけどね

作者のかたに光一さんでなければ事務所には依頼しないと言われても
事務所は派閥に属さない光一さんを目立たすくらいなら
他の事務所の俳優に依頼すると言われても断固拒否したのでしょう

光一さんのソロCDを出せば
20万枚以上は確実に売れるのにソロCDを出させない
昨年のSHOCKDVDだって限定予約販売なんて売り方をしなければ
一回でもCMを流してくれれば
もっとたくさんの方が知ることができて2倍どころか3倍、4倍は売れていたでしょう
それでも1位でしたけどね
なにしろ14年全席即日完売の日本一チケットが取りずらいとされるプラチナチケットの演目なのです
3秒に一度のSHOCKというのはなんなんだろうかと
たくさんの方が見たいと思っていると思うのです

能力高い光一さんソロを隠ぺいしようとしているのが露骨すぎますね

事務所が必死になって隠そうとすればするほど
光一さんのクオリティが高すぎて
あの事務所で突出しているということが証明されてしまうのですよね


光一さんソロを見なければ
本当に人生の損失だと思ってしまうくらい素晴らしいステージです

権力に迎合しない光一さんだけに
事務所としては頭を押さえたいのでしょうが

これだけのネット社会です
真実はあっというまに伝わってしまいますね

素晴らしいエンターティメントをいつまでも隠してはおけませんよね
派閥や権力闘争に毒されないで
真に素晴らしいエンターティメントが見ることができますようにと
心から望んでおります










ますますひどくなりますね(* ̄ー ̄)v
光一さんのソロデビュー記念日に
送られてきた会報をみて唖然としました
堂本剛君しか載ってないんですね

昔から光一さんになにかいいことがあると
webを更新して
最新のテロップが流れるジャニーズwebに自分のテロップが流れるようにしたいた堂本剛君です

今回は光一さんのソロデビュー記念日ということで
喜ぶ光一さんファンに水を差そうと
堂本剛君だけの会報を送りつけてきたのでしょう

本来なら5月ごろにSHOCK帝劇での千穐楽の様子が載っている会報が届くところですが
今年は
1月にKinKiアルバム
3月にKinKiコンとRUSH
について送られてきてからはSHOCKについてなにひとつ送られてきてないんですね

KinKiファンクラブメールも
ラジオや雑誌情報など光一さんソロ情報はほとんど載せず

堂本剛君ソロ情報は2,3か月先のドラマ情報を載せたり
雑誌、ラジオ情報のみならず
KinKiとソロは別とソロデビューしたのに
相変わらず堂本剛君のソロライブのお知らせはしつこく送ってくる有様です

やむを得ず私はネットで光一さんソロ情報をゲットし
雑誌などの購入の参考にしてますが
雑誌情報やテレビ出演情報などはファンクラブメールで送ってきてくれないと
気が付かない方だってたくさんいるでしょう

先日SHOCK大阪公演にちなんでの光一さんテレビ出演などのお知らせは
KinKiファンクラブメールでは一切ありませんでした

毎週同時刻に放送される堂本剛君のドラマのお知らせは毎週確実に送られてきますけどね
突発的な放送こそお知らせがいただきたいものです

他のグループのようにたくさん出演しているというのなら
いちいち送ってくるというのも大変でしょうが

光一さんの場合事務所の派閥争いのせいというのもあって
極端に露出を抑えられているのですから
数秒の出演でもお知らせがいただきたいものですね
貴重な数秒なのですから
その数秒で私を含めて喜んでいる光一さんファンのいかに多いことか
見逃してしまったかたも多く
何故知らせてくれないのかと疑問しか湧き上がりません

事務所等にいくら要望を送っても
なんら改善されるどころか
ますますひどくなる光一さん無視と堂本剛君だけの優遇です

そういう事務所に抗議の意味をこめて

会報を送り返すことにしました


もちろんそこまではしたくなかったのですが
要望を送っても無視しかされないのでやむをえません

なんにも改善されることがない今
光一さんファンとしてなにがしかの行動を起こさないと
これからも光一さんの大事なことだって
KinKiファンクラブメールで送ってこない可能性のほうが高いのです


返却される堂本剛君だけの会報をみて
何かを感じ取ってもらえればと思い
送ることを決意しました

私は見てないのですが
先週の土曜日
日テレさんで音楽番組があり
総勢70組のアーティストが出演したのに

ギネス記録を持っているKinKiもですが
対抗する派閥に属している事務所のグループは一切出演してないんですね
同じ事務所なのに派閥争いのせいで出演させないというのは
本当に醜い権力闘争だと思います

対抗する派閥はフジテレビと仲がよいのでそちらで出演してますが
どちらの派閥にも属さない光一さんは
まったく蚊帳の外
真に素晴らしい歌やダンス等の芸を持っているのに
光一さんが頭角を現せば現すほど両サイドから疎まれ
頭を抑え込まれてしまうのでしょう

マイケルジャクソン氏の振り付けを担ったトラヴィスさんにも
世界に類をみない
あなたは本物の表現者です
 絶賛された光一さんなのに・・・

2010年8月にNHKさんで放送してくださった
「堂本光一すべてはステージのために~Endless SHOCK」で

(そのときの私のブログです
http://hikarinonakade-yuyu.seesaa.net/archives/20100820-1.html)

ナレーターさんが

さまざまなフライングで
空中で姿勢を思うようにコントロールできるのは
日本では光一さんだけです

絶賛してくださってました

単独主演で1000回以上の公演を達成したのは、
森光子さん『放浪記』(2017回・約29年)、松本幸四郎さん『ラ・マンチャの男』(1207回・約33年)、
山本安英さん『夕鶴』(1037回・約35年)に続いて4人目なのに

2000年の初演から足掛け12年5ヶ月、
史上最速での記録達成を成し遂げた光一さんなのに・・・
何故その功績を隠し続けるのでしょう

3秒に1回のSHOCKということでしたが
歌やダンスの素晴らしさに加えて
アクロバティック的なSHOCKも華麗かつ簡単にほかの方が真似できるような
内容ではありません

素晴らしいエンターティメント性を持った舞台は
日本でも唯一無二だと思いますし
頭がよく二十余年真摯に培った努力あっての芸です
観客を魅了できるオーラを持って
素晴らしいSHOCKを上演できるかたは光一さん以外
いないと言い切っていいとおもうくらいです

その光一さんを何故隠す

何故権力闘争の犠牲にしてしまう

ふつふつと怒りがわきあがってきます

青少年も多数在籍する事務所なのです
数年前未成年の飲酒、喫煙で年端もいかない青少年を切り捨てる事務所なのです
青少年だからこそ注意勧告でよかったのではと思います

そのくらい厳しさを世間にアピールした事務所が
誰しもがわかる不毛の醜い派閥争いを世間に見せないでいただきたいと思うばかりです

権力に追従する人を登用するのではなく
真に実力があり権力になびかないような気概があるような光一さんのような方を
大事にすべきだと思うのです




神田沙也加さんの”とびら開けて”に関してのラジオでの光一さんの話(*^_^*)
神田沙也加さんの7月1日のラジオで
今回のコラボの経由を話されていたのを聞きました

きくちPが
光一やるって と神田沙也加さんに話したということです
ということは光一さんに打診するまでの経緯が気になります

あの頃フジテレビに行く機会が多かったという神田沙也加さん
フジテレビの総合音楽PのきくちPとどういう打ち合わせがあったのかは
もちろんわかりません

堂本兄弟でMayJさんが Let It Go ~ありのままで~を歌うということで
堂本兄弟でも美しい歌声の神田沙也加さんにもとびら開けて歌っていただくということで
MFでも歌ってたし映画で歌っている津田英佑さんを歌の時だけ迎えて・・という選択肢もあったと思うのです

光一さんソロのLOVE CRIESの放送事故かと思わせられるような真っ暗映像のこともあり
光一さんの歌の上手さを隠蔽したがっている堂本剛君にとっては
そのほうが望むところだと思うのです

なのに光一さんとのデュエットが実現した・・・というのは
神田沙也加さんが光一さんと歌うことを望んでくださった
のだと思ってしまいます

大物・・・のお母様のバックを持つ神田沙也加さん相手だと断れないだけに
やむを得ずきくちPは光一さんに話をしたのではないでしょうか
想像の域を出ませんけどね

4か月のロングランのSHOCKで
練習期間を含めると半年近くも一緒に歌ってきたお二人です

お互いの時間がなくて一緒に練習時間がとれなくても
収録の前にちょっとリハしただけなのに・・
あの素晴らしいデュエットは流石ですね

観覧のかたもすごい拍手してくださって・・・
すごい楽しかったと
ラジオでおっしゃっている神田沙也加さん

なのに
ゲストを迎える立場のサブ司会が拍手すらしないで・・・
ましてやたかみなちゃんにまでああいう顔をするように仕込んで
ぶぶくれ顔なんですからね
驚きます

拍手もしてもらえず
ぶぶくれた堂本剛君の画面一杯のアップをみて
神田沙也加さんは何を思われたのでしょう

あのぶぶくれ顔はネタにもなりません
面白くもなんともなく
みっともなく不愉快なだけですから

神田沙也加さんファンのかただってぞっとしていることでしょう

一般のかたがたにも堂本剛君の性格の悪さが浸透したと思うと
光一さんファンの長年の苦労がわかっていただけるのではないかと
救われますね

ちなみにあのロボットダンスのようなふりは神田沙也加さんが考えられたのですね
リハで素直にしたがっている光一さんを想像すると
微笑ましいです

歌の中でプロポーズを受け入れるので
赤い糸では
や~だよと言うような作家のシナリオがあったのでしょうし
光一さんががくっとなるのもお決まりですが

シナリオ無視して
喜んでと
神田沙也加さんがおっしゃったらと思うと
照れ屋さんの光一のあわてふためく反応が面白ろそうでしたね
ちょっと見てみたかったような気もします





神田沙也加さんと堂本光一さんとの”とびら開けて”の素晴らしいデュエットでした
昨日の堂本兄弟の神田沙也加さんと光一さんとの
アナと雪の女王からのとびら開けてのデュエットは
素晴らしかったです

音域が広い光一さんだけに
上に下にとハーモニーのつけ方の素晴らしさといったら

神田沙也加さんの美しい声との重なり具合が絶妙でしたね
流石に光一さん作曲で50ものトラックのコーラスを歌い分けてしまうくらい
歌のオーケストラ的に曲の世界観がしっかりとされている光一さんです

SHOCKでのONE DAYはコウイチを慕うリカの心情を表して
コウイチにそっとよりそう形で神田沙也加さんが歌われてましたが

堂本兄弟でのとびら開けて
はメインの神田沙也加さんの声をきれいにたてながら
光一さんのハモが素晴らしい存在感を出してました

デュエットとはこうあるべきですね

光一さんのハモにつられるからと光一さん側の耳に指をいれ
光一さんの声を聞くことなく大声を張り上げて歌う堂本剛君とは大違い

ましてや堂本剛君は音楽センスがなくてハモできないし・・
音域が狭いためにハモができないからと
メインしか歌おうとしないのですから

KinKiのはデュエットなんてものではないですね

光一さんはSHOCK中でも
オーナー役の
今年だと森久美子さんとのデュエットも素晴らしいですから

合わせられないのは
ひとえに堂本剛君のせい・・・ということですね

ハモの楽譜しか光一さんに渡さなかったり、
1番全部を自分で歌いたいとごねたり・・・
自分の歌がうまいと錯覚している堂本剛君がいる限り・・・

KinKiの曲はいい曲が多いのに
本当に残念
堂本剛君の声しか聞こえないKinKiの曲は聞くに値しないですね

光一さんと神田沙也加さんは
おととしのSHOCK4ヶ月139公演を素晴らしいハーモニーで観客を魅了したコンビですから息がぴったりなのは当然ですね

14年全席即日完売する舞台SHOCKの座長なのです

光一さんの歌とダンスの素晴らしさは折り紙つきですね。
座長がいくら人気があったって・・・
ストーリーがいくらよくたって・・・
光一さんの歌が90パーセントの舞台で光一さんの歌に魅力がなければ
リピータはうまれませんね

場面に合わせた様々なジャンルの曲を歌いわけ
直後のセリフで息の乱れがないことからもわかる
激しいダンスを躍りながら息を切らさずに歌う光一さんです。

事務所に入られて二十余年真摯に努力されてきたのです
しっかりとした努力と実績の積み重ねですね

一朝一夕では構築できない
素晴らしい努力の賜物ですね

昨日の放送をご覧になった光一さんファンではない
たくさんのかたのつぶやきもうれしかったですね

なんと
なんと

ホットワード
3位『光一』
5位『光一くん』
9位『光一王子』


ベスト10に3つも光一さんが入ったのは
すごいことです

光一さんファンにとって見たい番組であれば見るのです
そして一般の方からも注目を浴びるのです

堂本兄弟を見れない光一さんファンが多いというのは
光一さんを陥れようとする意図が露骨にみえ
番組自体に問題が山積していたということです

光一さんファンが見ても楽しい番組であれば
視聴率は上がるでしょう・・・・が

光一さんと神田沙也加さんが歌い終わった後の堂本剛君の仏頂面は
どういう意味なんでしょう

ゲストさんと光一さんが素晴らしい歌を披露したのに
拍手ひとつしないで
ぶぶくれた顔を見せるというのは
悪ふざけに、してもたちが悪く
ゲストの神田沙弥也加さんにも、失礼極まりないですね


本来は拍手で気持ち良く終わるところではないでしょうか

光一だけ歌いやがって・・・という
自然に表れた嫉妬心からなんでしょう

西川さんやたかみなちゃんにも強要しましたね

総集編の内容が
堂本剛君のアップが異常に多く
堂本剛君関連の内容が多いでしたが
光一さんの歌があるからと交換条件なんでしょうか

堂本剛君のソロは光一さんソロの数倍もあるのに
光一さんになにかいいことがあると確実に陥れてくる

SHOCKの
菊田一夫演劇大賞受賞したときだって
1000回公演を、達成したときだって
嫉妬からあの番組でなにも言わせなかった堂本剛君です

光一さんを落とすために
どれだけたくさんのゲストさんを巻き添えにしていたことでしょう

いちいち嫉妬心を露骨に表し光一さんのイメージを落とそうとする堂本剛君がいる限り
光一さんや光一さんファンにとって楽しい番組とは
なりそうにもないですね

王子様衣装でないのは残念でしたが
モノトーンでそろった現代風の王子様、お姫様で
衣装も素敵にそろってました







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。