光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
神田沙也加さんと堂本光一さんとの”とびら開けて”の素晴らしいデュエットでした
昨日の堂本兄弟の神田沙也加さんと光一さんとの
アナと雪の女王からのとびら開けてのデュエットは
素晴らしかったです

音域が広い光一さんだけに
上に下にとハーモニーのつけ方の素晴らしさといったら

神田沙也加さんの美しい声との重なり具合が絶妙でしたね
流石に光一さん作曲で50ものトラックのコーラスを歌い分けてしまうくらい
歌のオーケストラ的に曲の世界観がしっかりとされている光一さんです

SHOCKでのONE DAYはコウイチを慕うリカの心情を表して
コウイチにそっとよりそう形で神田沙也加さんが歌われてましたが

堂本兄弟でのとびら開けて
はメインの神田沙也加さんの声をきれいにたてながら
光一さんのハモが素晴らしい存在感を出してました

デュエットとはこうあるべきですね

光一さんのハモにつられるからと光一さん側の耳に指をいれ
光一さんの声を聞くことなく大声を張り上げて歌う堂本剛君とは大違い

ましてや堂本剛君は音楽センスがなくてハモできないし・・
音域が狭いためにハモができないからと
メインしか歌おうとしないのですから

KinKiのはデュエットなんてものではないですね

光一さんはSHOCK中でも
オーナー役の
今年だと森久美子さんとのデュエットも素晴らしいですから

合わせられないのは
ひとえに堂本剛君のせい・・・ということですね

ハモの楽譜しか光一さんに渡さなかったり、
1番全部を自分で歌いたいとごねたり・・・
自分の歌がうまいと錯覚している堂本剛君がいる限り・・・

KinKiの曲はいい曲が多いのに
本当に残念
堂本剛君の声しか聞こえないKinKiの曲は聞くに値しないですね

光一さんと神田沙也加さんは
おととしのSHOCK4ヶ月139公演を素晴らしいハーモニーで観客を魅了したコンビですから息がぴったりなのは当然ですね

14年全席即日完売する舞台SHOCKの座長なのです

光一さんの歌とダンスの素晴らしさは折り紙つきですね。
座長がいくら人気があったって・・・
ストーリーがいくらよくたって・・・
光一さんの歌が90パーセントの舞台で光一さんの歌に魅力がなければ
リピータはうまれませんね

場面に合わせた様々なジャンルの曲を歌いわけ
直後のセリフで息の乱れがないことからもわかる
激しいダンスを躍りながら息を切らさずに歌う光一さんです。

事務所に入られて二十余年真摯に努力されてきたのです
しっかりとした努力と実績の積み重ねですね

一朝一夕では構築できない
素晴らしい努力の賜物ですね

昨日の放送をご覧になった光一さんファンではない
たくさんのかたのつぶやきもうれしかったですね

なんと
なんと

ホットワード
3位『光一』
5位『光一くん』
9位『光一王子』


ベスト10に3つも光一さんが入ったのは
すごいことです

光一さんファンにとって見たい番組であれば見るのです
そして一般の方からも注目を浴びるのです

堂本兄弟を見れない光一さんファンが多いというのは
光一さんを陥れようとする意図が露骨にみえ
番組自体に問題が山積していたということです

光一さんファンが見ても楽しい番組であれば
視聴率は上がるでしょう・・・・が

光一さんと神田沙也加さんが歌い終わった後の堂本剛君の仏頂面は
どういう意味なんでしょう

ゲストさんと光一さんが素晴らしい歌を披露したのに
拍手ひとつしないで
ぶぶくれた顔を見せるというのは
悪ふざけに、してもたちが悪く
ゲストの神田沙弥也加さんにも、失礼極まりないですね


本来は拍手で気持ち良く終わるところではないでしょうか

光一だけ歌いやがって・・・という
自然に表れた嫉妬心からなんでしょう

西川さんやたかみなちゃんにも強要しましたね

総集編の内容が
堂本剛君のアップが異常に多く
堂本剛君関連の内容が多いでしたが
光一さんの歌があるからと交換条件なんでしょうか

堂本剛君のソロは光一さんソロの数倍もあるのに
光一さんになにかいいことがあると確実に陥れてくる

SHOCKの
菊田一夫演劇大賞受賞したときだって
1000回公演を、達成したときだって
嫉妬からあの番組でなにも言わせなかった堂本剛君です

光一さんを落とすために
どれだけたくさんのゲストさんを巻き添えにしていたことでしょう

いちいち嫉妬心を露骨に表し光一さんのイメージを落とそうとする堂本剛君がいる限り
光一さんや光一さんファンにとって楽しい番組とは
なりそうにもないですね

王子様衣装でないのは残念でしたが
モノトーンでそろった現代風の王子様、お姫様で
衣装も素敵にそろってました







>>続きを読む
スポンサーサイト