光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
SHOCK ミュージカル部門単独主演記録1位 おめでとうございます(*^_^*)
堂本光一さん

ミュージカル部門単独主演記録1位

単独主演舞台の上演回数歴代2位


おめでとうございます


ソロ主演で1208公演

すべての公演が全席即日完売


なのです

素晴らしい偉業ですね

初日開演直前に靭帯を切ったこともありました
太鼓をたたいているときに親指の爪を話がし流血しながらもその後のフライングをされていたこともありました
点滴を受け病院から帝劇に行かれたこともありました
肋骨を痛めているのにハードなダンスや殺陣やフライングをされたときもありました

1か月に1回か2回ぐらいしかない休演日に堂本兄弟の収録を
早朝から深夜まで入れられてしまうので体を休めることができずに

風邪をひくなど体調を崩されたことは毎年のようにあったのではないでしょうか

1公演4000キロカロリーも消費する
超ハードな舞台なのです

毎日氷風呂にはいり
酸素テントにはいり
光一さんご自身が真剣に体のメンテナンスに気をつけられていても

知らないところで
山のように大変なことはあったと思うのです

観劇する人に知られないようにと
辛いときはいつもより数倍も自らに鞭打って鼓舞されていた光一さん

ミュージカル部門単独主演記録1位
本当にすごいことだと思います

CDやDVDの1位というのももちろん凄いことですが

14年かかっての偉業なのです
もっともっと注目されるべきことだと思います

単独主演舞台の上演回数歴代4位になったときには
WSでたくさん取り上げていただいてました

マネが元堂本剛君のマネということと関係があるということなのでしょうか

全然宣伝されてない中での全席即日完売というのは

素晴らしい舞台と・・・わかっている光一さんファンが
何回でも観たいという気持ちからリピーターとなっている・・という理由が
大きいでしょう

宣伝されてなくても
14年間
帝国劇場でも
博多座でも
梅田芸術劇場でも

満員御礼という看板が毎日掲げられているSHOCKは
本当にすごいものです

改めて

素晴らしい記録達成
おめでとうございます

・・・・

なのに

これだけ素晴らしい快挙が
何故メディアで
一切報道されないのでしょう

カメラが入っていた・・というTLをみかけ
昨日は各WSを録画しましたが
一切報道されてなかったようです

14年全席即日完売の単独主演で
今まで記録を持たれていた松本幸四郎さんのラマンチャの男の記録を
塗り替えたのです

偉業と言わずして
なんなんでしょう

またいつもの報道規制が働いたのでしょうか

BPMコンをご覧になった海外のプロモーターの方が
光一さんソロにオファーをだし
海外で公演することになり
6秒でチケットが完売し追加コンまで出るという
大人気ぶりも
一切報道されませんでした

素人考えでは

記録を塗り替えるということで
マスコミからオファーが当然くるのではと思うのです

それを断っている・・・から
報道されないのでしょう

マスコミからオファーがなくても
これだけの偉業なのです

本来ならこれだけ素晴らしい記録なのですから
事務所からマスコミに宣伝すべきではないでしょうか

なんといったって
日本の大記録なのです


それをしないというところに
報道規制が働いた・・・・
としか思えません


堂本剛君の元マネの今の光一さんマネが
そういうことを管理しているのでしょうか

堂本剛君の今のマネは先輩の元マネで
マネが変わってから
堂本剛君ソロ仕事が増えた・・という話があるだけに

マネが仕事を管理していそうですから

おい
光一ソロに来た仕事はすべてなんとか理由をつけて断れよ
断れないというのならあのことをばらすからな


なんてね
想像にすぎませんが

観客を動員できる確かな実績のある光一さんソロに
仕事のオファーがこないわけがないのです

やはり元堂本剛君のマネが
光一さんの輝かしい報道も
事務所の権威を振りかざして報道規制を敷いている

としか考えられませんね

マネが変わらない限りは
光一さんソロにきた仕事だって

堂本剛君をバーターとしてつけられてしまうし
バーターとして堂本剛君をつけれなかったら断ってしまっているのでしょう

KinKiある限り
いつまでも
光一さんソロの偉業すら
隠されてしまいますね


14年全席即日完売というSHOCK

いくら光一さんファンだとて
素晴らしい舞台でなくては何回も観劇する気持ちにはならないものです

その素晴らしい光一さんがいても
KinKiコンが
年々大幅に縮小されているのを見れば明らかですね

なんといっても

光一さんソロの素晴らしさは
二十余年真摯に培った努力によって磨き上げた確かな芸を
飽くなき探求心と
貪欲なまでのステージを進化させるための意気込み
そしてそれを実現させようとする心意気があるからこそで

光一さんソロだからこそ実現できるんですね

光一さんソロのDanger Zoneという曲はKinKiコン5公演分に相当する体力消費量と
光一さんがGravityコンサートおっしゃってましたが

堂本剛君は
その踊らない5公演がきついとパンフレットで語ってました

歌だって
SHOCKでは共演者の方々と素晴らしいハーモニーを醸し出しておられますが

KinKiでは光一さんの声につられるからと光一さん側の耳に太い指を入れて
光一さんの声を聴かないようにしている歌う堂本剛君なのです

相手の声を聴かないで歌うような堂本剛君とでは
KinKiでは素晴らしいハーモニーなど望めないばかりか

堂本剛君が俺様歌上手とアピールしたいがために
光一さんをバックコーラスにしているだけでなく音量まで絞っているのですから

光一さんファンとして
KinKiの曲など聞く気がないのは当然ですね

どんなにソロで素晴らしいパフォーマーの光一さんであっても
光一さんソロのクオリティが望めないKinKi活動は
光一さんのイメージダウンしかしようとせず
光一さんソロの妨害しかしようとせず

百害あって一利なしですね

ちなみに
KinKiの新番組で
ゲストの黒木瞳さんがお酒を飲みましょうと
おっしゃったようですが

カンペで言えと指示されたんでしょう

気配りが素晴らしい黒木瞳さんです

運転する光一さんが飲めないとわかっているのに・・・
ましてや
真昼間からお酒を飲みましょうなんておっしゃるはずもなく

言わされてしまったところに
黒木瞳さんのイメージまで下げさせられてしまいました

昔から光一さんとドラマで共演もされ
SHOCKも何回か観劇されている素敵な黒木瞳さんだけに

イメージを落とされてしまったのは本当に残念です

堂本兄弟のSHOCK中の突然のリニューアル時も
きくちPはKinKiと話あって・・・なんて書いてましたが
光一さんはリニューアル時に初めて知ったとおっしゃってました

堂本剛君ときくちPとだけで

光一さんが収録中立ちっぱなし・・となったりとか
仲間外れ的な椅子の位置になったりとか・・・決めたのでしょう

今回も番組も光一さんが知らないところで

堂本剛君が操作しているのです
今のKinKiにかかわるとろくなことがないですね

光一さんの雑誌情報がまたKinKiファンクラブメールからこないので
私が知っている範囲で書いておきます

「STAGE SQUARE」vol.11(日之出出版・900円)
『Endless SHOCK』福岡公演レポート掲載&ピンナップ付。

「BEST STAGE」12月号(音楽と人・990円)
堂本光一『Endless SHOCK』大阪公演千穐楽リポート掲載&ピンナップ付。







>>続きを読む
スポンサーサイト