光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
SMGOは劇中だけではありませんね(*^_^*)
昨日の昼公演
復活のシーンで光一さんが登場されたとき
ブーツのファスナーが壊れて閉まらない状態だったというハプニングがあったとのこと

New York Dreamを踊るシーンで両足のブーツを脱いで
すべりやすい白い靴下のまま踊られたそうです

福田君、松崎君も同調して靴を脱いで
踊ったということ

究極のSMGOですね
カンパニー全員のSMGOは素晴らしいですね

SMGOのカンパニーを見て
普段New York Dreamの曲のときはではしない観客の手拍子が鳴りやまなかったとか

観客の皆様も素敵です

光一さんは暗転がお嫌いで

SHOCKはもちろんのこと
ソロコン一切暗転がありません

袖でブーツをはいたときにすぐにファスナーが壊れているとわかったのでしょうが
スペアを待っているとしたら素人考えで2分はかかりそうです
もっとかかるかもしれません

0コンマ1秒を大事にしてらっしゃる光一さんとしては
2分も暗転しておくことは許されないことだったのでしょう
咄嗟の判断でそのまま登場し
白い靴下のままNew York Dreamを踊られた

ブーツをはいていようがはいてなかろうが
素晴らしいダンスには違いありません

その間にスタッフさんがスペアを用意し
Higherではブーツをはいてらしたということです

光一さんの瞬間の判断力と
カンパニーの結束力にはいつものことですが
凄いという感想しかありませんね

あのブーツは一回の公演中で何回も履いたり脱いだり
酷使されてます

靴の裏はスタッフの方が毎日張り替えてくださっていると
光一さんがパンフレットで述べられてました
がファスナーに関しては新しくたって突然壊れたりしますから
メンテナンスは難しいのでしょう

日経エンタテイメントの2014年5月号に

衣装のスペアは基本ナシ 

ダンスと衣装の関係性で言うなら、特に重要なのは靴です。

 フォーマルな衣装なら普通のダンスシューズで済むんですけど、
例えば(『SHOCK』劇中の)『Hlgher』のシーンは靴選びに
かなり迷いました。

激しいダンスのこの曲は、ジャケット以外は私服の設定。

でもジャケットとのバランスを考えるとスニーカーじゃ様にならなくて。
結果、ロングブーツにパンツをインして履くことになりましたが、
そのブーツも重すぎると踊るときに困るし、サイズも大きすぎるとつんのめって危ない。

だからちょっとキツめのブーツを、帝劇にある、靴の革を引っ張って伸ばす機械を使って、
部分的に広げて自分の足にぴったり合わせてあります。

靴に限ってはやっぱり機能性が最優先ですね。
 
ちなみに『SHOCK』でもコンサートでも、本番用の衣装は1着ずつしかありません。

『SHOCK』なんかはものすごい汗をかくし、昼・夜公演で1日2回使ったりするから、
スペアがあると思われるかもしれませんが、全ては洗って・乾かしての繰り返し。

その代わりインナーは何着か用意がありますけどね。

階段落ちのシーンで着ている甲冑に至っては、
脱いだ瞬間に血のりを落として次の公演まで乾かしてあるそうです。

僕の知らないところで。


123抜粋30


何気に衣装さんのご苦労を気遣っておられますね

激しいダンスをあのブーツで何回も踊るだけに
靴は特に光一さんこだわりの特別仕様のようですね

舞台にハプニングはつきもの
何があっても続けなくてはならない


コウイチの言葉ですが
実際のハプニングにもその言葉を実践されているのを見ると
セリフがさらに重みを増してきます

アクシデントがあると
ワクワクしちゃう!


と いう座長です

お前のせいで俺が出れなかったじゃないか
俺の見せ場だったのに


劇中のライバル役のように
切れてスタッフさんを責めることなく

もてる限りの機転と機智をフル活動して
いかにして困難を乗り切るか
SMGOとうたっているだけに
ご自分に課した使命ですね

簡単なことではありません


セリフで言っているのに・・・
あれ?

なんてことは一切光一さんソロではありません
だから心から信頼がおけます

責めはしないけど妥協はしない
東山さんに事務所一の完璧主義と言われた光一さんですね

後輩の光一さんだって
いいところをちゃんと認めて尊敬してくれてる東山さんって度量が大きいですね

堂本剛君のように
大目にみてね
なんてお目こぼしを観客に要求することは
光一さんは一切ありませんね


一切妥協することのない光一さんソロを見ていたら
お目こぼしを要求されるようなKinKiコンは見る気がおきない
というのはなるべくしてなった結果なんでしょう

ハプニングでもない・・・
努力不足、能力不足で
歌えない、踊れないのに
KinKiコンで高いチケット代払ってきている観客を毎年のようにほっぽりだし
さっさとステージをはけてしまうような堂本剛君がいるKinKiでは
堂本剛君と根本的な考え方が違っているから
光一さんも本当に苦労されているのでしょう

いいコンサートを観客に届けようとして
歌やダンスのクオリティーをあげようとしている光一さんを
自分ができないからと逆恨みし
後輩を巻き込んで公開いじめをするような堂本剛君

KinKiファンって
そういう人がいるのに
KinKiを応援できるなと改めて思ってしまいます

堂本剛君のせいで何年も不愉快極まりない
KinKiコンしかできてないのです
見に行く気持ちがおきるわけがありません

昨日の夜公演に町田さんがいらしたそうです

町田さんの変わらない誠実なお人柄は健在ですね

町田さんは3月30日から

シチュエーションコメディ
演劇集団イヌッコロ「トラベルモード」(テアトルBONBON)の主演をされるとのこと

http://ticket.corich.jp/apply/72096/003/

ご活躍されているようで
嬉しいですね

先日

小学校のタバコの授業で、
「PM2.5はどこから来ますか?」と質問すると「中国」って大きな返事が返ってくる。
いま、校庭でPM2.5が35μg/㎥を超えると、教室に戻らないといけないけど、
教室で一人タバコを吸えばPM2.5が300μg/㎥を超えると言うと、皆とても驚く。


というお医者さんのTLを読みました
私も驚きました

8.6倍も高いのですから

今までは光一さんの楽しみだから
喫煙ぐらいという暖かい目で見てましたが
この数値でそんな暖かい目は
光一さんにとってかえってよくないと思いました

PM2.5は粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥深くにまで入り込みやすく、
ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを
上昇させると考えられます


と調べてみたら書いてあります

健康への影響は多大であるだけに
天気予報でもその数値の発表を欠かさないのでしょう

歌だってダンスだって
肺が丈夫でないと
負担が大きいでしょう

今は若くてお元気で
肺活量もすごい光一さんですが
風邪をひく一因になっているとも考えられます


ご自分のために
帝劇さんのために
SHOCKカンパニーのために
ファンのために
禁煙をしてくださるとうれしいですね

人一倍自制心の強い光一さんです
本気になればすぐに禁煙できるでしょう

ずーーーーーーーーーっと
光一さんの素晴らしいエンターティメントが
見たいから
お願いしたいものです







>>続きを読む
スポンサーサイト