光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
梅田芸術劇場での初観劇とマイ千穐楽(*^_^*)
8日日曜日の夜公演と9日の昼公演を観劇してきました

この歳になって人生初の一泊のおっかけです

ファンクラブ、プレイガイドすべてに落選し

自分では1枚もゲットできなかったのですが
優しい光一さんファンの方々のおかげで
2公演連続して観劇することができました

旅行の手配などもすべてしてくださり一緒に行かせていただいて
光一さんファンのお友達にここで改めて感謝とともにお礼を申し上げます
ありがとうございます


老後・・に1歩足を踏み入れている私ですが
素晴らしいエンターティメントを届けてくださる光一さんがいるからこそ
ですが
素晴らしい光一さんのGravityに惹かれたたくさんの
世代を超えた光一さんファンの方々とも

SHOCKの感激や光一さんを語りあう楽しい集いができたこと
人生至福のときを過ごせました

本当に感謝しきれません
ありがとうございました

この素敵な楽しいひとときにすっかりと味をしめてしまった私は
次回光一さんソロコンにもお泊り付きで行きたいなと
思ってしまいました

肝心の梅田芸術劇場2013SHOCKは
言うに及ばず
感激をしっかりといただいたきました

私の今年の千穐楽となった昨日の昼公演
見納めですからしっかりと目に焼き付けてまいりました
目には焼き付いているのですが
なにぶん記憶力に難がありますね

8日は1階席
9日は3階席でした

梅田芸術劇場の3階席は着席してみると高さをかなり感じました
目の前の素敵なシャンデリアは開演直前にするすると天井すれすれまであがって
なんら演技や観劇に支障はありませんでした

1階席ではわかりづらいV字やX字のさまざまなフォーメーションを形作るSOLITARYなどの
共演者の皆様との素晴らしい群舞
床を照らす天井からのさまざまな美しい照明

3階席ならではの楽しみや

目線の高さでのインパクトのある演技を楽しめる
1階席ならではの楽しみ

それぞれの場所からでの素晴らしい見どころがありました

梅田芸術劇場は博多座に比べてロビーも狭く
博多座さんのようなロビーでの歓待は無理なんですね

ましてや狭いがためにお花などの置き場も少なく
別の場所に置いてあるのかなと思わせられてしまいました

直前に募集したスタッフさん・・・だからなんでしょうか

クロークの場所など案内の方に何を聞いてもしっかりとした答えを
いただけなかったのは残念ですし
帝劇では背もたれによっかからないで観劇しているかたには
後ろのかたに迷惑がかかるからとしっかりとスタッフさんが注意をされているのに
1階席のとき私の隣のお二人は相当長いこと何回も前かがみで観劇していたのには
驚きます
私が注意すればよかったのでしょうけど・・・
なかなか難しいものです

またトイレが少ないからと
1幕が終了しまだ拍手が鳴り響き客電が付いてない真っ暗な中
あたふたとトイレに走るかたが何人かいたのも残念ですね

幕の内側では倒れている光一さんが
拍手に力づけられて頑張って立とうとなさっているのでしょうから
最後までしっかりと拍手を送りたいものです

舞台の大きさや機構がかなり違うのに
素晴らしい魅せ方をしてくださったのは流石です

3階席からは舞台の上のほうが見切れてしまうからと
屋上も少し低め・・・だったのでしょうか
CONTINUEの階段は11段でした
今まで何段かわかりませんが1,2段少ないかな?なんて先入観で
思ってしまいました
もうすぐ発売のDVDで確認できますね

舞台の両サイドを小さくしてまで設営した生オケの迫力も
凄かったですね

以前も書きましたが
殺陣シーンのときのドラム、大太鼓の迫力は
聞くのも見るのも凄いものがあります

オーナーが登場するときの前田美波里さんの歌声の素晴らしさ
は存在感あふれるオーナーを改めて感じさせられました

ウチはどうしてもコウイチに追いつけない弟的なライバルの葛藤をしっかりと演じ
素敵なキャラクターを出してました・・・



私は階段を使った難度の高いヤラのタップが好きだったので
そのタップがなくなってしまったのは残念でしたね

それぞれのお二人が持ち味を生かした素敵なそれぞれのライバルです

いつもながら夜の海になると
大好きな曲とダンスでありながら
舞台の終演が近づいてきたさみしさがありますね

今年加わった
夢幻
Dead or Alive


昨年加わった
Higher



SOLITARY
America


その他のたくさんの

すべてのダンスと歌はレベルが高く見どころ満載ですし

さながら天女が舞い降りるような美しさのラダーフライングの最後の着地などのフライングや
迫力ある力強い殺陣も見どころ満載ですね

基本的にコウイチロックオン状態ですが
素晴らしい共演者の皆様との群舞や舞台全体をも観たいので
目がいくつあってもたりません

それが観終わった瞬間にまた観たいと思わせられる要因のひとつでもありますが
何回でも可能な限り観劇したいですが・・・

たくさんのかたに素晴らしい光一さんソロを楽しんでいただきたいですね

私のSHOCK観劇は終わってしまいました
次に光一さんソロを楽しめるのはまだ発表になってない
来年の帝劇でしょうか

博多座さんは10月を除いて公演予定が発表になったそうですね

10月はソロコンサートがあると期待を込めて思っているので

来年は博多座にぜひ行きたいと思っていただけに残念ですね


これから観劇されるかた
梅田芸術劇場ならではのSHOCKを心から楽しんでいただきたいです

今日は
視聴率が1%前後のTドラマのせいで2か月近くも
収録がなかった堂本兄弟の収録のために

大阪公演初めての休演日なのに上京して
朝早くから立ちっぱなしで収録ですね

昨年の博多座のときのように
ほかのお仕事も入れられているかもしれません

光一さんが体調を崩されませんようにと
心からお祈りしております


今までかなり気になっていたし
何回も書いてきましたが

KinKiものを買ってもおまけとしてついてくる光一さんソロ写真のポストカードとかクリアファイル

今年は
7月3日に発売された
Document of Endless SHOCK 2012 -明日の舞台へ-を購入しないといただけないようです

本来はこうあるべきでしたよね

光一さんソロの舞台での購入物のおまけなんです
光一さんソロ物だけにつくのは当然といえば当然ですよね

KinKiものなのに
光一さんだけの写真というのはTにも失礼にあたりますからね

何気にとても嬉しいでした



ちょっと気になったことです

今年から加わった共演者のかたが
開演しているのにツィッタを更新されているのが気になります
私が知る限りでは2回ありました

ご自分の出演時間まで間があるというのはわかりますが
舞台では皆様が真剣に頑張っているのです

違和感を感じてしまっているのは私だけではないと思います

そのかたのパフォーマンスはもちろん好きですが
それとこれは話が別だと思うので書き留めてみました















たくさんの拍手をありがとうございます

9月7日11時半のかた
ありがとうございます

>Tのプロフィールって光一さんの名前まで載せてGを宣伝しているのに

TのはGの宣伝なんて一切ないんですよね

なのにKinKiファンクラブを使っての宣伝だけはする

おまけにいてもいなくてもとか、行きたい未来がある、とかいってるのに、
宝物、リスペクト、Gあってのソロという言葉にすがる自称Gファンの人たち。
には怒りを覚えます



KinKiメールがまたきましたね
KinKiとは関係ないソロでのシングルCDなのに
KinKiファンクラブを利用しての宣伝はすごいですね


先日のオリスタニュースで

僕は、1回きりの人生だから、いろいろなことをしたいと思っていて。

ただ、芸能界にいることで自分を失っていくのであれば、
もうとっくに辞めてると思うんですね。辞めてないということは、
ここはここで素晴らしいということも知ってるからなんです。

でも、いつかは絶対に行きたいと思っている未来があって。
その、自分が行きたい未来に行くためには、もしかすると
僕に関わってくれている人の人生を変えなければ
いけないかもしれない。「もう、こっちいくんで」って。


とTが言っているとのことです

いつものことながら
何を言いたいのかさっぱりとわかりませんが

CDやDVD、ライブ
確かにたかだか2,3千人が集客できなくて
ソロライブが中止になってしまうくらいTファン数が少ないTですが

ファン数が少なくても毎年出すCDやDVDはオリコン上位に顔をだしているのです

毎年Tファンにたくさんのお金を使ってもらっているのに

芸能界にずっといてもいいし、いなくてもいいと思ってる。

とは・・・
相変わらず無責任極まりないですね

高いチケット買ってたくさんの人に来てもらったKinKiコンでも
歌わない、踊らない、気に入らないと奥へはける
先に帰る
などのプロとしてあるまじき無責任きわまりない態度

12月に光一さんの分のアルバムの収録は終わっているのに
まだ出ないKinKiアルバムはTのせいなんでしょう

出なくても全然気にしませんけどね

常々自分に正直に生きたいと言っているTです

正直に生きると言うのは
自分勝手に生きたいということですが

自由には目に見えない責任が隠されているのです
自由に生きた分自分が結局後始末をしなければなりませんね

Tについている少数ながらもファンがいるのですから
その人たちの思いはどうするんでしょうね
いままでさんざん複数人を装ってまでTのために
大枚をはたいてきたのに

本当にTファンってお気の毒です


9月9日15時11分のかた
ありがとうございます

>1051回目に東山さんがいらしたそうですね。
東山さんネタ満載で楽しかったようすが伺えます。
終演後、お約束どおり食事に行かれたんでしょうね。


1051回というのは偶然なのかもしれませんが
なんかうれしいですね

お約束をしっかりと守られた東山さん
改めて尊敬してしまいますね

ましてや
登場のときも帰られるときも
手をあげてスマートでかっこよかったとか・・・

東山さんがテレビでも舞台でも活躍されている所以は
この律儀なところなんでしょうか

光一さんとお食事に行かれても
後輩の光一さんが恐縮してしまうくらい
いたれりつくせりの東山さん

もちろん誰にでもではないでしょうけどね
東山さんが認めるかただけ・・なんでしょう

そういう素敵な方たちとの交友が
今の素敵な東山さんの芸能生活をかたちづくっていると思うのです

自称ひきこもりの光一さん
真実はどうかわかりませんが・・・

芸だけでなく
そういうところもしっかりと先輩に学んでいただきたいですね



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する