光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
ネット操作のあれこれ
5月9日発売のSpiralコンサートBlu-ray&DVDを購入した人が
15日日曜日までに封入されているIDで応募すると
素敵なフォトバスタオルが当たるという企画がありました

某ネットショップで購入されたかたが
応募締切までにBlu-ray&DVDが届かず応募できなかったのに
当選メールが届いたということです

問い合わせてもお答えできませんと・・・
突っぱねられてしまったとか・・・

考えようによっては
前回の情報をきちんと消去してなかったの

と情報漏洩や情報操作
が懸念されてしまいます

でも・・・・・・・
性善説にのっとって
ちょっと見方を変えると
気遣いがみえてくるんですね

とはいえ
申し込んでもいないのに当たった
というのは気持ち悪いものです

私は前回のスカーフは当選しましたが
今回は残念ながら当たりませんでした

喉から手が出るほどほしいことは欲しいですが

光一さんファンなら皆様同じ気持ちで申し込まれたはずです

光一さんもおっしゃっているように
ソロコンサートの座席も運です

この当選も運です



二回続けて当選するかたもいれば
二回続けて落選してしまうかたもいるでしょう

ちょっとの気遣いがあれば
簡単な突合せで

前回落選した人を優先・・・ということも可能なわけです

突合せしているとき何かの手違いで
前回だけしか申し込んでいなかった方を当選させてしまった・・・
という単なるミス・・ということも考えられるわけです

もちろんそんなミスはあってはならないことです
いろいろとな見方をすれば
いろいろな意見もあります

情報漏れも怖いことは怖いですが

制限ある品数なのです
制作者側さんの好意を信じたいなと思います

5月16日のKinKiどんなもんヤ!の堂本剛君ソロで

KinKi Kidsの20周年について、「盛大にやる必要はない」と持論を展開

といったことに

あわてた事務所の方々が
擁護?と思われる記事が昨夕配信されました

もちろん堂本剛君イエスマンでしょうけど

KinKi Kids、アニバーサリーイヤーどうなる?
 堂本剛が見せた“ファン第一”の姿勢


無理やりの擁護なので
読んでも意味がわかりません
何を言いたいのかさっぱりとわかりません

20周年を迎えたほかグループを引き合いにだし

このような流れから、KinKi Kidsファンの間にも
『24時間テレビ』のパーソナリティや冠番組『堂本兄弟』(フジテレビ)の復活を望む声などが多く聞こえる。

しかし、そのような声とは裏腹な思いを抱いていることを、
堂本剛は5月16日放送のラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で明らかにしたのだ。


と書いてますが

カンペの漢字やひらがなも読めず
敬語も使えず
常識の範囲の言葉の意味もわからないばかりか

何かしら言う度に
擁護記事を書いてもらわなければならないのです

言っていいことといけないことの区別もつかない堂本剛君では
MCは無理というものですね

膝がチーズのようにふにゃふにゃと言っているのです
長時間立っていることだって困難でしょう

せっかく昨年
20周年を迎えたV6が務めたように
『24時間テレビ』のパーソナリティを
今年はKinKiが・・・
と意気込んで

応援歌と称した曲をリリースしたと思われるだけに
残念でしたね

番組内で剛は「ファンの人たちとだけ祝いたい」と
いう自身の素直な思いを示していた。


ということですが

今年のKinKiコンでも
私服で東京ドームで漫談にしたい とか

毎年恒例のKinKiコンすら
したい気持ちなど皆無でした

数年前から
KinKiコンは疲れる だの言っていた堂本剛君です

努力してないせいで
光一さんとはるかに差がついてしまった
歌もダンスも無理・・状態では

いくらきれいごとを並べても

KinKiコンはしたくない
というのが堂本剛君の本音でしかないですね

ましてや
堂本剛君ソロトークショーで
光一さんの悪口を言って(笑)をとっている堂本剛君なのです

どの顔をして
光一さんとKinKi活動ができるというのでしょう

近年のKinKi Kidsの活動に対しても、ファンからは「テレビへの露出が少ないのでは」という声が
度々上がっており、
舞台での演技力、トーク力など「実力があるのになぜ?」との意見も多い。


と書いてありますが・・・

舞台での演技力、トーク力の実力があるのは
SHOCKで偉業を達成した光一さんのことですよね

堂本剛君は演技力を必要とした舞台はしてませんし

トークだって
堂本剛君は光一さんの悪口でしか(笑)がとれないのですから

 だが、剛の発言からは、KinKi Kidsにとって
直にファンと対面できる舞台やコンサートを優先してきたことは、
“支えてくれるファン”を一番に考えた活動の形だということが伺える。

そして、ファンが彼らに寄せる期待もまた、
「もっと多くの人に彼らが活躍する姿を見てもらいたい」
「これから何十年も活動を続けてほしい」という思いが根本にあるのだろう。



光一さんの名前は一切ありません
それはよかったですが

さもKinKiの意見のように書いてあるのが怖いものです

堂本剛君にとっての舞台って
芸人のかたにお題を出してもらってパンダの絵を見せられてパンダといえば
餌がもらえるトークショーのことですよね

そもそも
ソロでデビューするとき

KinKiの名前を完全に捨てたのです

ソロ活動の集客をするときなど
利用できるときは利用してますが

強い絆で結ばれたKinKi Kidsとファン。
どんな形であれ、20年の感謝の思いを伝え合える機会の実現を切に願いたい。


ファンとの強い絆などないと
堂本剛君は十二分にわかっているから

堂本剛君が元旦コンで

これからは光一派だとか剛派だとか くそしょうもないことやめてください。
僕たちはKinKi Kidsでしかないんです。

みんなキンキ派です。みんながごちゃごちゃすると、
全部ごちゃごちゃしちゃいます。シンプルにキンキを愛してください
KinKiはKinKiでしかないって、アホでもわかることですから 

剛派、光一派とかごちゃごちゃしょーもないこと言わないで
KinKi Kidsらしく、KinKi Kidsのファンらしくやりましょう
みんな一つになってください


というしかなかったのです

堂本剛君は二十余年にわたって
捏造で光一さんを陥れ続けてきたのです
そんなKinKiを応援できるわけがありません

光一さんのイメージをことごとくご用達のメディアを使って陥れつづけてもいるのです
新たなKinKiファンがつくわけもなく

豪華な20周年KinKiコンなど無理に近いでしょう

歌って踊る素晴らしい光一さんソロコン
そういう形態のコンサートがKinKiでも見たくて
自称KinKiファンは
光一さんのソロが発表されるたびに
KinKiはどうするの?

と言ってくるのです

歌って踊る本来のKinKiコンサートをすることこそ
ファンへの期待にこたえるということだと思います

それが可能になるような努力を
堂本剛君がすることこそ
ファンへの気持ちにこたえるということでしょう


ともあれ・・・

20周年記念をするとするならば
デビュー時から更に進化したKinKiを見たいものですが

努力してない堂本剛君がKinKiコンできるような芸がないので
突っ立って声が出ない堂本剛君に合わせキーを下げた昔の曲を歌うしかないですが
それすらも
堂本剛君にとっては無理というもの

19周年なのに
20周年と詐称してまで
SHOCK地方公演を潰せただけで堂本剛君は満足でしょう

もともと
KinKiコンは疲れるからしたくない堂本剛君です
盛大なKinKiコンなんてする気がなかったのですから

10周年公演は
堂本剛君の出演したテレビドラマをメインに流してましたっけ

更に劣化している堂本剛君に合わせ
地味にトークメインの1回公演だけかもしれませんね








スポンサーサイト
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/06/01(水) 22:13:52 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する