光の中で
堂本光一さんを応援するサイトです。KinKi Kidsのファンではありません。素晴らしい光一さんソロ活動だけを望んでおります。 光一さんソロファン以外の方はご遠慮くださると嬉しいです
体力測定は膝痛があったとしたらできません
9日放送の三浦春馬君ゲストのKinKi Kidsのブンブブーン
三浦春馬君はしっかりと自己鍛錬ができている好青年でした

自分に自信がある三浦春馬君だけにこういう企画に挑戦したかったのでしょう

光一さんも若かりしころ
さまざまな体力測定の機会がありました

今から13年前2003年体育の日FAN感謝祭
今26歳の三浦春馬君より2歳若い24歳の光一さんは

背筋173Kg
前屈23.3㎝
握力50.2Kg
肺活量4.4ℓ
でした

今回の測定では

前屈
光一さん8cm
三浦春馬君19.5㎝


握力
光一さん38㎏
三浦春馬君51kg


・・・・
・・・・・

先日のSMGOでも
番組内でも光一さんがおっしゃってましたが
確かに13年で基礎体力が相当落ちてらっしゃいますね

とはいえ13年もたち
一番体力があるといわれる年を過ぎているのです
当然といえば当然です

基礎体力は落ちてますが

Spiralコンサートでハードなダンスを10曲続けて踊ったりとか
ハードなSHOCKを一日二公演というのは
持久力があるということなんでしょう

フライングや大太鼓のためには
握力ではなく腕力ですかね


それぞれの体力測定
堂本剛君もめずらしく頑張ってましたね
そこには膝の痛さなんて微塵も伝わってきませんでした


握力測定は膝を曲げ
相当力がはいりますね

足をしっかりと踏ん張らないと
握力測定も
立位体前屈はできません

握力測定40


腹筋光一さん50

腹筋もそれぞれ膝に相当負担がかかります
立っているのもやっと・・・というくらい膝が痛いはずの堂本剛君が
できた・・というのがありえない話です

堂本剛君の卑怯な性格が出てしまいましたね

もっと上体を起こさないとと注意されてました
いい加減な角度で回数を増やそうとしてました

T腹筋30b30


光一さんの角度とは比較になりません

体の角度線入り

堂本兄弟でも
ゲームの時は姑息な手段をよく使ってましたっけ

立位体前屈
堂本剛君は1回目がひどすぎ
耳を引っ張るといいとか頭皮をマッサージすればいいとかの裏ワザを教えてもらう度
なんと4回もしてました
1回目1.5センチ
2回目5.5センチ
3回目8センチ
4回目10センチ

痛そうなそぶりなど見せずに
まっすぐにしっかりと上体を支えてましたよ

T前屈50

膝が立ってられないほど痛いのであれば
1回でもしたくないもの・・・
それを値が悪いからと4回もするなんて
膝が痛くないと自分で言っているようなものです



体力、持久力jが必要とされる20mシャトルラン
日頃まったく運動しないという堂本剛君だけあって

三浦春馬君92回
光一さん56回のところ

堂本剛君は体力不足で26回ということでしたね
膝痛ではなく体力不足でしかありませんね

堂本剛君は膝のせいにしてましたが
膝が痛いのであれば
腹筋や、握力測定、立位体前屈はできませんよ

腹筋などでギブアップしなかった・・・
ということで
堂本剛君の膝は健康そのもの
ということになりますね


もっと堂本剛君にに配慮した簡単な振り付けにしろ
と堂本剛君ファンは振り付けしてくれた人に文句言ってるらしい
ということです

こういうことばかり言って
堂本剛君を擁護し続けてきたから
踊れない
歌えない
となってしまったんですね

光一さんがいるKinKiコンのほうが堂本剛君ソロライブよりましと
堂本剛君ソロライブにはいかずにKinKi活動を要望する堂本剛君ファン

なにかおかしいですよね

堂本剛君にしっかりと踊ってもらうよう要望すべきなんですよ
いつものようなふりふりダンスでは

YOSHIEさんにお願いする意味がありません
YOSHIEさんの振り付けということでも話題性をあびたいのでしょう

世界で活躍されているのYOSHIEさんが振付してくださるのは名誉なことなのです
光一さんソロ活動で懇意となった光一さんがいるから承諾してくださったようなものです

そもそも踊れない堂本剛君なんかがその振付の恩恵を被るなんて
ありえないことなのですから

結局は当然のことながら堂本剛君は練習不足で踊れず
またもや仮病の膝痛を持ち出さなければならなかったのでしょう

踊れない言い訳として
仮病をだすしかありませんね



音楽番組にしたい光一さんが室内での収録を望んでいるのに
戸外を歩き回るロケにしているのは堂本剛君です

歩くのもやっと・・・と言っていた堂本剛君は
膝が痛ければ光一さんと同じように室内での収録を望むはずです

そういう内容にしない・・と言っていることから
自ら膝痛は仮病です
と言っているようなものですね

膝痛という仮病を持ち出さなければ
踊れと言われてしまいます

踊れない
踊りたくない堂本剛君としては
仮病と言われても
何が何でも膝痛を通さなければならない・・・ということですね



何年も前からそれぞれの音楽性が違い
踊りたくない堂本剛君はソロをKinKiに持ち込むなと会報で光一さんに怒ってましたっけ


先日の日テレさんのTHE MUSIC DAY 夏のはじまりの薔薇と太陽をみても
ひとつの曲を披露するのに

光一さんのダンスは素晴らしいけど
ダンスにまったく合わない堂本剛君のねっちょりした歌声を含め
まったくちぐはぐな表現を個々でしているのです

堂本剛君の歌がねっちょりとして重すぎて

ダンスナンバーとして不向きです


堂本剛君の歌も体型も
ダンスには不向きですね

堂本剛君のギターなんて
ときどきチャラーンと上から下に指を動かしているだけで
弾いているなんてものではありません

ほとんど指が動いてません

ギターは急遽弾くことになったから、
あまり弾けなかったんだ

と堂本剛君ファンがそこでも擁護していましたが

コード進行さえわかれば
曲がわからなくたって弾けますね

ましてや急遽といっても
MVとるときに練習したのでしょう
それから相当日数がたっていると思います

堂本剛君ファンですら
堂本剛君のギターのひどさを認めてはいるんですね


堂本剛君ファンが屁理屈こねくりまわして堂本剛君擁護し続ければし続けるほど
自分に正直に生きたいから
ぼくちゃんこれでいいんだと変に納得し
堂本剛君が劣化していってしまうんですよ


堂本剛君が努力を怠れば
光一さんがどんなに頑張ったところで
KinKiはさらにバラバラになり劣化し続けてしまいます

MVがコントということですが
そこまでアーティストとして落ちてしまいまいたか
と思います

光一さんソロのクオリティの高さとは雲泥の違いです

ケーブルテレビとかでも
そのMVが紹介されるのかと思うとぞっとしますね

音楽性の高いユニットとして曲をリリースし続けてきたのです
歌えない、踊れない堂本剛君に合わせるしかない今のKinKiは
活動するに値しません

今のKinKiはアイドル事務所としての名前を汚してしまいます
早急にKinKiの処遇を決めるべき時ではありませんか





スポンサーサイト
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/07/07(木) 22:02:14 | | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/07/28(金) 05:05:17 | | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/08/18(金) 01:08:19 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する